バンクーバーとわたし

#working holiday #Vancouver #Canada

バンクーバーで美味しいドーナツ

 

みなさんは

"美味しいドーナツ"

と聞くとどこを思い浮かべますか?

 

Watashiはミスタードーナツです。

そもそも"美味しい"をつけなかったところで、ドーナツ屋さんなんてミスタードーナツしか思いつかないような田舎者でございます。

 

でもそれは日本での話。

 

カナダのこととなれば、

「ぽ、ぽ、ぽぽん」

くらいな感じでドーナツ屋さんが思いつきます。

 

それくらいカナダにはドーナツチャンスが溢れているのです。

 

今日はその中の一つ、

知る人ぞ知るベタ中のベタ、

それほどまでに人気のお店を紹介したいと思います。

 

そのお店があるのは、ノースバンクーバーDeep Cove。  

   f:id:travelinggirl:20170421211012j:plain

Deep Coveは、バンクーバーダウンタウンの中心部からバスや水上バスを駆使して1時間から1時間半ほどの場所。

 

大きくて綺麗な湖や、頂上には絶景が広がるハイキングコースがあるなど、

カナダらしい美しい自然を堪能できる場所です。

 

そんなアレヤコレヤはまた今度お話しするとして、

 

例のドーナツ屋さんがこちら

Honey Doughnuts & Goodies

   f:id:travelinggirl:20170421203444j:plain

 

天気が良かったこの日は、テラス席はほぼ満席。

でも店内にもイートインスペースはしっかりあります。

 

こちらが店内のレジ周辺。

   f:id:travelinggirl:20170422140733j:plain

 

ショーケースの中で山積みのドーナツやマフィン。

なんて素晴らしい光景なのでしょう。

メニューが書かれた黒板のイラストも、家具も商品もアンティークな雰囲気で統一されてなんとも可愛い。

 

そしてこれが定番のハニードーナツ。

   f:id:travelinggirl:20170421205517j:plain

 

不恰好なゴツゴツさがなんとも温かみがあり、食べ応えも満点です。

外はサクッと中はモチッと。余計なものがかかってないから、優しいのにしっかりとした甘さ。

これで驚きの$1.25

ダウンタウンにあったら毎日通ってたのになぁ。

 

 

こちらはメープルのお味。

   f:id:travelinggirl:20170422013548j:plain

 カナダにいると、"メープル"と名のつくものは見て見ぬ振りできません。

 

そしてこちらはチョコレート。

   f:id:travelinggirl:20170422133501j:plain

海外のドーナツのアイシングって、ただひたすら甘くて、色が違うだけでフレーバーに違いがないようなところも多いのですが、

このお店のものは"メープル"、"チョコレート"の味がしっかりしているのにクドくなくて美味しい!!

 

ここのドーナツ、誰もが絶賛する絶品なのですが、

みんなが口を揃えて言うのが、

「焼きたてを食べなきゃだめよ!」

 

そりゃそうだって話なんですが、

焼きたてと冷めたものでは感動がぜんぜん違う!!

分厚くて大きいからなのか、普通のドーナツより出来上がりからの経過時間に左右される気がします。

 

そこで是非とも覚えておきたい英単語、「焼きたて」。

 

「焼きたて」は英語で"fresh"と言います。

 

freshって日本では野菜などに使ったりする言葉なので、みずみずしいイメージですが、

「焼きたて」や「できたて」の料理に対しても使うことができます。

なのでどうしても焼きたてを食べてみたい方は、

"Is is fresh?"と聞いてみるといいと思います。

Watashiの時は、焼きたてがあと何分ほどで焼きあがるかなどを親切に教えてくださいました。

 

焼きたてのドーナツを手に入れたら、

クラシックて可愛い店内か

おしゃれな通りに面したテラス、 

はたまた美しい自然の中で

美味しいうちに頂いちゃいましょう。

 

 

Honey Doughnuts & Goodies>

4373 Gallant Avenue, North Vancouver, BC 7G1L1

バンクーバーの可愛い雑貨屋さん

 

海外に旅行するとローカルって言葉に心惹かれませんか?

 

地元の方々が多く集まり、旅行者が溢れかえらない場所

 

そんな場所で自分のお気に入りのお店なんか見つけちゃった日には留学生活も非常に華やかになったような気がするものです。

 

そんになWatashiに共感してくださった方々にオススメしたいのが

Main St

WatashiはMain Stが大好きです。

 

ローカルな雑貨屋さんやカフェ

人気のドーナツ屋さんや、夏しか営業しない美味しいジェラート屋さん

お気に入りのビール醸造

古着屋さんは可愛いものから個性的なものまで

 

全部、Main Stにございます。

 

そんなMain Stのお気に入りの一つが、Welk's

    f:id:travelinggirl:20170406210014j:plain

 

真っ赤な壁に大きな窓。茶色い木目調の部分や黒い看板がよく映えている素敵な外観。

すごく好きです。

 

看板には「雑貨屋」を意味する"General Store" と書かれています。

「雑貨屋」というとアクセサリーや可愛い置物なんかを扱うお店を想像してしまうかもしれませんが、Welk'sにはそういったものはほとんどありません。

Welk'sの強みは、日用品なのです。

 

 

こちらは店内の一部。

     f:id:travelinggirl:20170407003407j:plain

 

売られている食料品やシャンプー類、洗剤や化粧品などは、オーガニック系だったりと体に良さそうなものが多く、街のスーパーでは見つけられないものもあります。

 

その他キャンドルや文房具、食器類などたくさんのものが取り揃えられているのですが、どれも種類が豊富で、それぞれの棚がとてもカラフルで心が躍ります。

 

 

そしてWelk'sのもう一つの魅力が、Sale

 

こちらのオーガニックレモネードはなんと$1.99!

同時期にチェーンのスーパーマーケットでも同じものが安売りされていましたが、Welk'sでは圧倒的に種類が多かったです。

     f:id:travelinggirl:20170407010252j:plain

     

 

こちらの"BROO"と書かれたボトルは、なんとも珍しいビール成分の入ったノンシリコンシャンプー/コンデショナー

Watashiも使っていましたが、匂いが独特で、髪の仕上がりもふんわり。

お土産にしたら面白そう。

お値段は各$2.99!

     f:id:travelinggirl:20170407135736j:plain

 

 

 

そして日本にもファンが多いDr.ブロナーのマジックソープ

シアトルのTrader Joe'sでは、Watashiが行った時は青いパッケージの一種類しか見つけられなかったので、この棚を見た時は大感激でした。

     f:id:travelinggirl:20170407143914j:plain

 

サイズも種類も豊富で、固形石鹸やリキッドソープはもちろんのこと、ハンドクリームや歯磨き粉などの変わり種も揃っていました。

お値段も、高級スーパーWhole Foodsより割安でした。

    f:id:travelinggirl:20170407141324j:plain

 

 

 

Sale品は時期によって変わるので、ここで紹介させていただいた商品も、今は値段が変わっていたり無くなっているかもしれません。

でもそれがWelk'sの魅力

その代わりの素敵な商品が今もSaleになっていることと思います。

 

 場所は、Main St × E 19th Ave

ダウンタウン中心部からバスで30分ほどの場所です。

 

しかし、Main Stはお散歩に良し、ショッピングに良しの本当に魅力的な通りです。

お気に入りはE 2rd Aveからのスタート。

おしゃれな雑貨屋さんや洋服屋さんを眺めながら、素敵なカフェやレストランで休みつつ歩き続け、真っ赤な壁のお店を見つけたら飛び込む。

 

これがWatashiのオススメするWelk'sへのアクセスです。

 

 

 

 

 

 

バンクーバーでBubble Tea

 

Bubble Tea

 

ばぼてぃ

 

炭酸入り紅茶? シャンパンの紅茶割??

 

いえいえ

 

Bubble Teaとはタピオカドリンクの事なのです。

 

日本でもちらほらと見かけるタピオカドリンク専門店。

 

台湾・中国出身の方々も多く住んでいるバンクーバーでは、タピオカドリンク、もといBubble Tea専門店をたくさん見つけることができます。

 

お散歩が趣味の食いしん坊のWatashiにとって、美味しく水分摂取ができ、食感が楽しいタピオカで満腹感も得られるBubble Teaは最高のお散歩のお供で、最高のお供を探して街をさまよい歩くのが大好きでした。

 

そんなWatashiのお気に入りの一つが

 

Dragon Ball Tea House

    f:id:travelinggirl:20170324160800j:plain

 

Oak St ×King Edward Aveに位置するこのお店。

ダウンタウンからバスで10分、カナダラインのKing Edward駅から徒歩10分ほどと、それほどアクセスは良くありませんが、WatashiはここでBubble Teaを買って、同じくKing Edward駅周辺にあるQueen Elizabeth Parkでお散歩するのが大好きでした。

 

 

こちらが店内     

                f:id:travelinggirl:20170324160849j:plain

 

 

二人掛けの席が3つ、4〜6人ほどが座れる大きめの席が2つほど。

こぢんまりとしていますが、ほとんどのお客さんがお持ち帰りをするので、席はだいたいいつでも空いていました。  

 

 

こちらがメニュー

              f:id:travelinggirl:20170324160909j:plain

  

日本にいた頃は、タピオカといえばミルクティー!と信じていましたが、バンクーバーのBubble Teaのメニューを見るたび、種類の多さに驚かされます。 

 

 

Watashiのお気に入りはBlack Sesame

                f:id:travelinggirl:20170329235303j:plain

 

ここのタピオカはもちもちで甘くてしっかり噛んで味わいたくなる美味しさ。

適度に甘くゴマがとても香ばしいBlack Sesameなら、この大きなサイズもぺろっといけちゃいます。

 

ちなみにこちらのお店はこのサイズのみなのです。

 

 

ここでバンクーバーのBubble Tea アドバイス

 

"With Pearl" というのをお忘れずに!

 Pearlとはタピオカのこと。

メニューのドリンクはタピオカ有りか無しを選べるので、注文の際は「タピオカ有り」というこの言葉を付け加えるのをお忘れなく!

 

"Slush or No slush?"

 店員さんが聞いてくれるこの言葉。Slushとは「砕いた氷」のこと。

写真のものはSlush入り。かき氷くらい砕かれた氷なのでタピオカを飲むのにも邪魔にならないし、氷の食感も楽しいので、WatashiはSlush有りをいつも頼みます。

 

 

Dragon Ball Tea Houseは、14時に開店し、金曜・土曜は0時、それ以外の日は23時までの営業という変わったスタイル。   

 

晴れた休日は、午後からゆっくり美味しいBubble Tea片手にお散歩なんていかがでしょうか。

 

            f:id:travelinggirl:20170330004509j:plain

 

 

 

Dragon Ball Tea House>

1007 W King Edward Ave, Vancouver, BC, Canada  V6H 1Z3

 

 

 

バンクーバーでワーキングホリデー

 

”道端に落ちているメープルリーフの写真を撮る”

 

旅行者の十中八九がこれをやる国があります。

 

その名もカナダ

 

そしてこちらが私の作品

    f:id:travelinggirl:20170322215519j:plain

 

カナダ滞在1年記念日に道端に落ちてたメープルリーフを青空に掲げて撮りました。

 

 

 

そう、わたくしカナダのバンクーバーに住んでいました。

と言っても、1年4ヶ月間。

 

 

 

 

 

みなさま初めまして。

この度このブログを始めさせていただくWatashiです。

 

ワーキングホリデービザで1年間、その後観光ビザに切り替え4ヶ月間カナダのバンクーバーに滞在したのち、2017年に日本に帰国しました。

 

 初めてのカナダ、初めての海外長期滞在。

  

学校に通い、働き、勉強し、習い事をしたり、旅したり、美味しいものを食べたり、ニキビと戦ったり、太ったり痩せたり、美容に興味を持ったり

 

こうして挙げ連ねてみると、なんてことないただの女子の日常ですね

 

でもそのとおり!

 

ただ、

日本にいた時のような気持ちで。

海外だから、一人だからと臆さずにやってみたいことはやり、行きたいところに行く。

それをモットーに生活してきました。

 

 

このブログでは、Watashiのバンクーバー、ワーキングホリデーの思い出、経験、挑戦、好きだった場所や楽しかったことを綴っていきたいと思います。

 

ゆったりと、でも真面目に、少しオシャレを気取って頑張りたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 閲覧ありがとうございました:)

 Watashi